インフルエンザ 微熱 下痢

インフルエンザなどでは突然の高熱が出ることがありますが、感冒では微熱のまま経過することもあります。 感冒の炎症が耳や鼻、肺などにひろがり、 中耳炎 や 副鼻腔炎 、 肺炎 などを引き起こして、感冒がよくなったあとも微熱が続くことがあります。 最近ではインフルエンザにかかっても微熱が続くだけで、高熱は出ないというケースも多いです。このように熱が低い理由っていったいなんなのでしょうか。今回は、インフルエンザで微熱が続く原因についてお伝えしていきたいと思います。 インフルエンザの検査が簡単に出来るようになって、体温が37℃台の微熱や36℃台の平熱と思われる症状であっても. 調べてみるとインフルエンザだったということは多くみられます。

インフルエンザでも、37度程度の微熱しか出ないという人もいます。 インフルエンザの症状ではなく、その後別の感染症や肺炎を発症している可能性もあります。 高熱がなく、微熱しか出ないことも! 予防接種を受けていると症状が軽く済む. 微熱のためインフルエンザの感染に気付かず、初期治療が遅れてしまうと症状が悪化し治療期間が延びてし まうことにもつながります。 インフルエンザB型の特徴のひとつに、下痢や嘔吐などの消化器症状が多いことをあげる医師もいます。 毎年寒い時期になると 流行するインフルエンザ。 規模に大小はありますが、 人口の約10%が感染すると言われている、 国内最大の感染症です。 感染するとどのような症状が出るのか? 下痢や嘔吐とい・・・



全国で猛威を振るっているインフルエンザ。「インフルエンザ流行マップ」を見てみると、全都道府県で警報レベルを超えて真っ赤になっていた(1月30日時点)。1週間ごとに発表される最新の全国の患者数は、推定で約213万人と前週と比べると50万人増加している。