古物商 屋号 個人
個人で古物商許可を申請するとき、屋号を定めない場合は、申請者の氏名を記入しておけばokです。 取り扱う古物の区分. 個人の許可の場合、屋号を届け出ていてもその屋号ではなく氏名を記載しなければならないのでご注意ください。 「〇〇商」という部分は、その営業所において主として取り扱う古物の区分(品目)を記載 … 屋号とは何? 個人事業主やフリーランスの「事業名」「店舗名」「事務所名」にあたるもので、法人でいう「会社名」のことです。. 誓約書は住所氏名と屋号を書くだけなのでこれもすぐに書けます。 個人許可申請書は2枚提出します。ここはめんどくさいので細かく説明します。 古物商許可申請書の書き方 YZのブログの読者様から質問をいただきました。メールにて返信させていただいたのですが、一部始終を紹介いたしますね。 読者Y氏古物商の許可を申請するには『店舗名や屋号』は必ず必要でしょうか?一時的な仮名で申請することは可能ですか?ま この欄では、古物商許可を取ったあと、取り扱いたい古物の区分(品目)を選んで、選んだ数だけ〇をつけます。