薬剤師国家試験 95回 解説
第99回薬剤師国家試験 問114 乳酸脱水素酵素(lactate dehydrogenase:LDH)は、下記の反応を触媒する酵素である。 図1は、ヒト心臓の細胞質にあるLDHのアイソザイムを用いて、 薬学まとめました。このサイトは薬学の重要事項をコアカリキュラムに準拠したかたちでまとめています。大学の授業や薬剤師国家試験の対策にぜひ役立ててください。 薬剤師国家試験 平成29年度 第102回 - 一般 理論問題 - 問 95. ある受容体(r)に結合するリガンド(l)があり、lはrと1:1で結合する。この平衡反応の解離定数( k d )を1 µ mとする。 薬剤師国家試験過去問題集 科目別まとめ一覧 へ 薬剤師国家試験過去問題集 化学 立体化学 へ . 第98回薬剤師国家試験の内容を試験時間ごとにまとめて掲載しています。 <第98回薬剤師国家試験> ・必須問題(問1〜90) ・理論問題①(問91〜150) ・理論問題②(問151〜195) ・実践問題 スマホ対応 | 薬剤師国家試験予備校「rec」が提供する本気のeラーニング学習システム「e-rec」。優秀な講師陣による詳細解説、解説動画を見ながら過去問対策、aiが苦手分野を示してくれる演習機能、試験答え合わせ機能など、あなたの学習に便利なさまざまな機能が搭載されています! 薬学まとめました トップページ‎ > ‎薬剤師国家試験過去問の解説‎ > ‎ 薬剤師国家試験98回過去問解説 最新(104回)の国試は新サイトで解説しています。 第95回薬剤師国家試験 問6 解答解説 a aの立体化学は1r,2rである。 ある構造式の不斉中心のr,sの判定の仕方ついて