障害年金 20歳前 知的障害
20歳からの公的扶助は障害基礎年金となります。 養護学校在籍中に開かれた講演では、知的障害を持った子供が20歳前傷病による障害基礎年金を受けるのはハードルが高く、一般的には社会保険労務士に申請を依頼するケースが多いと聞いていました。 20歳になったら申請を. 療育手帳・愛の手帳と、障害基礎年金。年金って高齢者だけではありません。知的障害者も20歳から年金がもらえます。療育手帳のメリットを活用して、お金を大切にしましょう。 知的障害とは先天的な要因や、出生後に何らかの原因で起こる障がいで、発達期の18歳までに知的機能に障害が現れます。 このため20歳前初診の障害基礎年金として扱われますので、保険料納付要件を満たしている必要はありません。 20歳前に初診日がある障害年金の申請は他の障害年金と比べいくつかの特徴があります。保険料の納付要件を満たす必要がない他、他の障害年金にはない支給停止事由があります。 障害年金を受給したいけど20歳前傷病の場合一体どうしたらいいの?20歳前とは20歳に達した日より前に病気やケガのために初めて病院を受診した傷病のことを言います。今回は20歳前傷病で障害年金を請求する際の申請方法やポイントについて解説します!