変形労働時間制 法定休日 振替

1.法定休日(原則:週1日)は、暦の休日(日曜・祝日)とは、異なります。 2.法定休日が確保できれば、暦の休日に出勤しても、休日出勤手当は不要です。 3.就業規則には、採用する変形労働時間制に合わせた「休日」要件を記載する。 があります。 (労働基準法第32条の5) 変形労働時間制とは、簡単に説明しますと、勤務日・勤務時間を特定すること等によって変形期間を通じ平均して1週の労働時間を法定労働時間以下にする制度です。 働いた時間が同じでも、祝日が多い月では残業代がかさんでしまう。そのことに納得できないと考える経営者は、少なくないと思います。では、労働時間が少ない月の分を、他の月の労働時間に回せるのでしょうか?無料のクラウド給与計算ソフトならフリーウェイ 1年単位の変形労働時間制だからといって、一律、休日振替を禁じるべきという結論にはなりません。 このため、1年単位の変形労働時間制の趣旨を損なわない範囲肉で、休日の振替を認める解釈例規が出されています(平11.3.31基発第168号)。 通常の労働時間制度では1週40時間の所定労働時間を超過した場合には残業手当を支払う必要があります。 では、1週40時間を超える所定労働時間の設定が可能である変形労働時間制における休日の振替についてはどの様に考えるのでしょうか。 1年単位の変形労働時間制(同法第32条の4) 1年単位の変形労働時間制とは、1年以内の一定期間を平均し て1週間の労働時間が40時間以下であれば、1日10時間まで、1 週52時間まで働かせることができる制度です。特に、特定の季節 3-2 変形労働時間制 q 1年変形期間中でも休日の振替ができますか a 1年単位の変形労働時間制は、変形期間を平均して、1週間当たりの労働時 間が法定労働時間以内に収まるよう設定することによって、繁忙期には長い所 変形労働時間制とは、労使協定の届出等一定の要件を満たした場合、一定の期間を平均し1週間あたりの労働時間が法定労働時間の範囲内におさまる場合には、特定の日、特定の週に法定労働時間を超えて労働させることが認められている制度です。 変形労働時間制とは、労働時間を月単位や年単位で調整することで清算する労働制度です。教職員の働き方改革としても導入が検討されている変形労働時間制には、導入の条件や時間外労働の扱いなどでいくつか注意が必要です。

当社では一カ月単位の変形労働時間を導入していますが、 変形期間が開始されてから休日の振り替えを行うことがあります。私の理解では①振替出勤の日について休日割増(35%)は発生しないが、②振替休日が同じ週に属していない場合は法定外時間外労働の割増賃金(25%)の支払いは発 … 1日7時間や8時間働くことになっている会社の場合、1週間に1度の休日では、週の労働時間が40時間を超えてしまいます。 したがって、休日をもう1日設けなければいけないことになります(変形労働時間制等を採用していない場合)。 1年単位変形労働時間制の場合の振替変更が認められる範囲 q 弊社は1年単位(変形期間1年)の変形労働時間制を採用しています。 業務の都合で、一時的に勤務体系の変更を考えています。 特定の季節(夏季・冬季)、特定の月に業務が忙しい場合の制度として適している「1年単位の変形労働時間制」の運用時には様々な制約があり、休日の振替が可能かという点について、行政解釈を踏まえて … 1ヵ月単位の変形労働時間制を採用する場合には、労使協定または就業規則に変形期間における各日、各週の労働時間を具体的に定めることを要し、その定めによって労働させる限り、1日または1週の法定労働時間を超えて労働させても、違法とならないというものです。 事案の概要 1年単位の変形労働時間制における法定休日及び法定外休日の振替について。また、就業規則がない場合の代休は、労働基準法第26条の会社都合による休業手当の対象にあたるかについて