映画 東京 暗黒 街 竹 の 家
『東京暗黒街・竹の家』はアメリカでの主演第2作目。 映画界引退後、74年から18年間、参議院議員も務め勲二等宝冠章受章。 その数奇な人生は劇団四季の『ミュージカル 李香蘭』として何度も上演され、テレビドラマ化もされている。 東京暗黒街 竹の家の映画レビューを投稿する ストーリーは日活アクション映画風 (投稿日:2014年9月16日) 奇妙きてれつな日本の風俗描写を除けば日活スコープの日活アクション映画の様な雰囲気。 『東京暗黒街・竹の家』(とうきょうあんこくがい・たけのいえ、原題:House of Bamboo)は、1955年に製作されたサミュエル・フラー監督のサスペンス映画である。 映画『お嬢さん社長』は1954年(昭和29年)、映画『東京暗黒街 竹の家』は1955年(昭和30年)公開である。『東京暗黒街 竹の家』は、アメリカの20世紀フックスが、映画『情無用の街』(1948年)の場所を日本に置き換えてリメイクしたものである。 サミュエル・フラーの映画東京暗黒街・竹の家についてのあらすじや作品解説はもちろん、実際に東京暗黒街・竹の家を観たユーザによる長文考察レビューや評価を閲覧できます。 ひとつ前のエントリー『東京暗黒街・竹の家』に続いて、戦後の東京を舞台にしたアメリカ映画。 こちらはさらに時間は遡り占領下の東京。 戦後初めてロケを許可されたアメリカ映画とのことです。 東京暗黒街・竹の家のあらすじ・作品解説ならレビューン映画. 日本公開当時、珍妙な日本描写により国辱映画扱いを受けながらも欧米ではフィルムノワールの傑作として評価の高い、サミュエル・フラー監督による犯罪アクション。犯罪組織による武器弾薬強奪事件を捜査するため、潜入捜査官が東京に派遣されるが…。 作品メモ.